ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ありがとう。 | main | ミキオスケジュール >>
2018.04.13 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.04.19 Saturday

潤さん安らかに。

横道坊主のベーシスト、橋本潤さんが亡くなった。
先日名古屋ライブの帰宅後すぐに知人から潤さんが危篤だと連絡があり病院へ駆けつけた。
僕と認識してくれたかははっきりと分からないが僕は潤さんに会うことができた。
亡くなられたのは翌日14日午前2時。

14日は三宅さんと高ちゃんと霊安室へ顔を見に行った。
三宅さんの寂しそうな顔が焼き付く。

僕らは三宅伸治&The Trampというバンドで結ばれていた。
実際僕が在籍していたのは4年程か。。。
でも10年くらい一緒にやっていたような感じがする。
それだけ濃くて楽しい現場だった。

潤さんのことを今改めて想い、そして考える。
とってもガンコなバンドマンだった。
バンドに対して、音楽に対して真摯だ。
裏表がない、白黒はっきりした、一番バンドマンとして大事なものを持ってる男だ。
きっとバンドにこだわってきた証だと思う。
僕に足りないものを持っているのが橋本潤という男なのだ。きっと。

潤さんにソロアルバム作りたいから数曲プロデュースしてくれと言われたことがある。
もちろん即答でやります!と答えた。
その日は飲んで飲んで喋って話した。渋谷にて。

その後会うと、ミキオゴメンネ〜今いろいろと曲練ってるから!と会う度に言ってた。
僕もいやいや焦らないでやっていきましょうよ。なんて言ってた。
残念ながらソロアルバムは作れないままで終わってしまった。
でも潤さんはきっと今頃ちょっとずつ整理し始めてて、
僕とのやりとりもそのうちあの世でやってくれるんじゃないかな、
なんて思ってます。

病気をされて復帰した時のベースの音魂はホントに凄かった。
もちろんその前からだけど。
でもまだ生きるって想いが一音一音に刻まれてた。
ステージが潤さんの居場所であって。いや、それは僕もだけど。
ミュージシャンはみんなそうなんだろうね。

まだちゃんと受け止めれない自分がいるけど、
潤さんゆっくり休んで下さい。
潤さんの大切な人達を、そして僕らを見守ってて下さいね。

本当にありがとうございました。

(橋本潤、三宅伸治、伊東ミキオ。渋谷にて)

2018.04.13 Friday

スポンサーサイト

コメント
こんばんは。

***

僕にはトランプでベースを弾く
橋本潤さんが記憶に残っています。
低い位置でベースの弦を弾(はじ)く姿は、
鋭利な迫力が漂うカッコ良さでした。
そして生誕50周年吉祥寺でのステージ、
圧巻のタフさでした。

初めて見たときは少し怖い感じもしたのですが、
ステージで時折見せるシャイな笑顔は、
とても優しそうで。
(あまりにも印象的だったので、当時、ミッキーの
 BBSに“シャイな笑顔”のことを書き込みした
 ことも覚えています。)
ある日曼荼羅の入り口ですれ違った時などは、
ふわっ、と、柔らかい空気すら感じました。

上の写真が撮影された日は、ライブ後、
渋谷駅で井の頭線の座席に座っている僕の前に、
なんと橋本潤さんが乗り込んで来ました。
本当に真ん前に立ったので、少し緊張しました。
僕はすぐに目を閉じ、
(いま、どんなことを想ってるんだろう。)と
想像しようとしたけれど、
僕なぞに、
分るはずもなく。


車内、ベースの入ったハードケースを手に、
まっすぐ立っていた姿も、僕のなかの
橋本潤さんの思い出です。

熱いライブをありがとうございました。
(たった今は、トランプのライブを
 思い出しています!!)


  • ケンイチ47
  • 2014.05.01 Thursday 01:11
早すぎるお別れのことと、胸が痛みます。

潤さんという存在、そしてその証は、
ミキオさんに”足りないもの”ではなく、
これからのミキオさんを”補ってくれる”大切な存在、証なのだと思います。
悲しいけれど、たくさんのお別れがあるからこそ、
こうして今、生きていられる者として、
大事にしていかなければならない事、支えてくれている存在に、
気づかせて貰っているのだと思うから。

私は一度しか観る事が叶いませんでしたが、
潤さんが確かに居たステージ、
ミキオさんの今までの、そしてこれからのステージ。
ガンコで真摯な故人の想いと。
音楽に対して真っ直ぐで純粋なミキオさんの想いを。
その居場所にて紡いでいけることを、
ミキオさんならば、きっと。
  • Yuri
  • 2014.04.20 Sunday 01:09
トランプは、私の青春の大切な…大切な想い出です。
いつまでも心の中で生きつづけていきます。
いつかいつか…またミキオくんや伸ちゃん、高ちゃんとかっこいいロック奏でてください。しばしのお別れですね。潤さんありがとう。
  • SORA
  • 2014.04.19 Saturday 23:55
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR